横浜市
     

イベント

ひつじのショーンが案内する横浜横須賀めぐりサイクルスタンプラリー vol.2
まずは参加賞をGet

残りあと1か月!どこから始めようか迷っている方はまずは参加賞をGet♪

ショーンの故郷、イギリスにゆかりのある施設を巡ってスタンプを集めるサイクルスタンプラリーが開催中。イベント終了まで(12月15日)およそ1か月。
少し興味はあるけれどどこから行けばいいか迷っているあなた。まずは2か所スタンプポイントを訪れて、ひつじのショーンオリジナルストラップを手に入れよう!

下のリンク先のサイトから参加登録を行ったらさっそく出発!

参加登録ページはこちら

登録は簡単

  1. メールアドレスやパスワードなどを入力
  2. メールが届く
  3. メールからページにアクセスして登録完了♪

横浜市内での参加賞Getまでの流れ(※一例です。)
①横浜開港資料館 ⇒ ②帆船日本丸・横浜みなと博物館 ⇒ 参加賞の受け取り(桜木町駅観光案内所)

①横浜開港資料館

■開館時間 10:00~16:00(入館は15:30まで)
■休館日  月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
■サイクルスタンド設置場所 開港広場側 旧館建物前
■スタンプポイント設置場所 旧館1階 記念ホール
横浜開港資料館は横浜の歴史に関する資料を一般公開しています。
旧館は、1931年に英国総領事館として建てられました。1854年、日米和親条約が締結された場所に建設され、中庭にある大きな「たまくすの木」は条約締結の時からあったと伝えられています。サイクルスタンドは開港広場側の旧館建物前に設置しています。
スタンプポイントは旧館1階の記念ホールにあり、ここはかつて待合室だったところです。
内部の重厚なインテリアも必見!※館内の展示室はオンラインによる事前予約制ですが、記念ホールは開館時間であれば予約なしで無料で入れます。


②帆船日本丸・横浜みなと博物館

■開館時間 10:00~16:30(入館受付は16:00まで)
■休館日  月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)
■サイクルスタンド設置場所 横浜みなと博物館入口 手前
■スタンプポイント設置場所 横浜みなと博物館1階 総合案内 横
帆船日本丸は1930年に建造された練習帆船で、今年進水90周年!
船内は現役当時のまま保存され、一般公開されています。2017年には国の重要文化財に指定されました。
大型帆船の建造は当時の日本の技術だけでは難しく、イギリスのラメージ&ファーガッスン社に帆走、綱具の設計・製作を依頼しました。帆の内部の梁には、部材を製作したイギリスの製鉄会社の名前も残っています。
サイクルスタンドは博物館入口の手前に設置してあります。
スタンプポイントは横浜みなと博物館1階の総合案内横にあります。

③参加賞の受け取り

2つのスタンプポイントを巡ったら、桜木町駅観光案内所で参加賞を受け取りましょう。
■営業時間 9:00~21:00
所在地等の案内はこちら

案内所内に設置されている二次元コードを読み取り、表示される画面を受付の方に見せると、ひつじのショーンオリジナルストラップを受け取れます。
(参加賞は先着2,000名様)

忘れずに貰いに行こう♪


今回紹介した2か所のスタンプポイントを含む、おすすめルートを紹介したサイクリングマップもあるので、観光・グルメスポットにも立ち寄りながらスタンプを集めてみては。
ベイバイクで回ることもできるので、自転車を持っていなくても大丈夫。まずは気軽に乗ってみましょう。

*マップはみなとみらい線各駅、市内観光案内所等で配布中。こちらからダウンロードもできます。


スタンプポイントは他に市内に3か所あります。少し足を伸ばして横浜の色々な魅力を感じてみてはいかが。

横浜市内のスタンプポイント

横須賀市のスタンプポイントは5か所。スタンプを10個全て集めると、ひつじのショーンオリジナルサイクルジャージが抽選で当たります。
その他にも集めたスタンプの個数に応じて賞品に応募できますので、ぜひたくさんの施設を自転車で訪れてみてください。

スタンプラリーの詳細は以下のイベント特設サイトをご覧ください。

参加登録はこちら

ページの先頭へ